珈琲のこだわり

より美味しい豆になるように、また、豆の美しさを引き立てるために生豆からハンドピック(豆の厳選)をしています。
豆本来の美味しさを引き立てるために、焙煎時間を徹底管理、豆の焙煎度を変えています。
さらに美味しく美しい豆を皆様に楽しんでいただくために、焙煎後にもハンドピックを施します。
二度のハンドピックを終えた焙煎度の違う美しい豆たち。そのこだわりの美味しさを、是非お楽しみください。

ペーパードリップ珈琲の淹れ方

STEP1

ペーパーフィルターは、側面と底部のシール部分を互い違いに折り込む。

側面や底の角を指でならす。

STEP2

粉(中細挽き)の目安

1杯分(160~180cc)=12g~15g/2杯以上抽出する場合は、上記に+10gずつ追加。※お好みで調節してください。

フィルターをドリッパーに密着させるように押し付けてセットし、コーヒーの粉(中細挽き)を入れる。

STEP3

1回目の注湯(蒸らし)

お湯の適量

Rande blancでは82~83℃で抽出しています。湯温は高くなるほど苦味が出ます。※お好みで調節してください。

粉全体にお湯が浸み渡るように、ゆっくりと注ぎます。ポタポタと数滴落ちる程度が適量です。適量注いだ後、約30秒そのまま放置して粉を蒸らします。

STEP4

2回目以降の注湯

粉の中心から外側に向けて「の」の字を書くように注湯します。一度に大量に注がずに、数回に分けて注ぎます。注ぐときはペーパーフィルターに直接お湯がかからないようにしてくだい。まだドリッパーにお湯が残っていても、ドリッパーを外してください。